みそのちから

みそのちから 赤味噌の代表仙台みそ

全国各地の味がある味噌

味噌は、原料の大豆・麹・塩を混ぜ合わせ、麹菌をはじめとする微生物の働きで、発酵熟成させて出来た食品です。味噌には大きく3つの分類方法があり、米味噌・麦味噌・豆味噌という“麹による分類”、赤味噌・白味噌などの“色による分類”麹歩合や塩分の割合による“味による分類”によって分けられます。さらに、全国各地にその土地の名前がついた産地味噌が存在します。例え原料が同じでも、その土地の気候・風土・水質などの条件や、発酵・熟成の期間など、様々な条件が絡み合って、各地の特色を持った、様々な味噌が造られています。

仙台みそとは

仙台みそは、米味噌で、長期熟成タイプの赤味噌、味は辛口にあたります。ジョウセンのわさび沢工場では、伊達政宗公の頃から伝わる原料配合と伝統の技を守り、味噌の醸造を行っています。原料の大豆は、一粒ずつ選別し、じっくり蒸し上げ、米麹は米から製麹。清らかな松山の地下水を使い丁寧に仕込まれた味噌は、発酵蔵で静かに寝かせ、厳しい品質管理と、職人の五感でのチェックを経て、おいしい仙台みそになります。

ジョウセンの仙台みそ

ジョウセンの仙台みその特長は、なんといっても大豆のコクのある味わいです。大豆を圧力釜で蒸し上げ、おいしさを閉じ込めることで大豆のうま味を最大限に引き出しました。あらごしタイプは大豆の食感も楽しめます。米麹の甘さをバランスよく配合させることで、飽きのこない、スッキリしたおいしさに仕上げています。長期間熟成させているので、辛口ながら塩カドがとれた深みのある味わい。艶のある赤色と、高い芳香があります。

ジョウセンはほんものひとすじ。伊達政宗公の頃よリ受け継がれた伝統の技術と、東北の豊かな風土が生み出す自慢の味、「本場仙台みそ」を皆様にお届けします。

©Copyright 仙台味噌醤油株式会社. All Rights Reserved.