みそのちから

みそのちから 基本のおみそ汁の作り方

おみそ汁

おみそ汁は和食に欠かせない汁物の代表料理。各家庭によって様々な具材や作り方があり、地域伝統の味もあり、日本人が慣れ親しんできた日本の味といえるでしょう。ここでは、定番の具材と仙台みそを使った、基本のおみそ汁のつくり方をご紹介します。

豆腐、わかめ、長ねぎのおみそ汁

ささみのごま揚げ

材料(2人分)

【だし汁用】

煮干し 6本
3カップ

【みそ汁用】

だし汁 2+1/2カップ
木綿豆腐 1/4丁
わかめ(塩蔵) 6g
長ねぎ 1/4本
仙台みそ 大さじ2杯

だし汁(煮干し)の取り方

煮干しはつやのあるもの選び、頭とワタを取り除きます。鍋に入れて水を注ぎ、30分程度浸してうま味を出します。

鍋を中火にかけ、煮立ったら弱火にし、アクを取り除きながら10分程度煮ます。煮あがったら煮干しを取り出します。穴じゃくしやザルを使うと便利です。

おみそ汁の作り方

わかめをもどします。水で塩をよく落とし、たっぷりの水にいれ15分程度塩抜きをしたら、水気をしぼって一口大に切ります。

豆腐は1.5cm角に切ります。長ねぎは薄い小口切りにします。

きちんと下処理した煮干しだしは、雑味がなくうま味が強いのでおみそ汁に最適です。わかめの塩抜きが不十分だとみそ汁が塩辛くなり、逆にもどし過ぎは風味と食感が損なわれるので注意しましょう。

だし汁を鍋に入れて中火にかけ、ふつふつと泡立ってきたら弱火にしてみそをときいれます。みそこしがあると重宝します。

煮たたせないよう火加減に注意しながら、豆腐を入れます。

豆腐がぐらっと湯だってきたら、手早くわかめを入れ火をとめます。

仕上げにねぎを加え、椀に注ぎます。

みそ汁は煮すぎると味と香りが損なわれますので、必ず煮立つ寸前の「煮えばな」で仕上げるのが、おいしくいただくコツです。

ジョウセンはほんものひとすじ。伊達政宗公の頃よリ受け継がれた伝統の技術と、東北の豊かな風土が生み出す自慢の味、「本場仙台みそ」を皆様にお届けします。

©Copyright 仙台味噌醤油株式会社. All Rights Reserved.